So-net無料ブログ作成

ローエングリン(バイロイト音楽祭) [バイロイト音楽祭2014]

午前中は劇場横の合唱練習室で行われる、演出説明会へ参加してきました。
もっと早くに気が付けばよかったのですが、事前のリサーチ不足を恨むばかり。

IMG_0931.jpg
ワーグナー博物館館長のスヴェン・フリードリヒさんがスライドを交えて1時間弱、
演出の概要や意図を説明してくれます。全部ドイツ語なので何となくしか分かりません
でしたが、それでも有意義な時間でした。

印象に残った言葉(と言うか数少ない聞き取れた言葉)として、
「ノイエンフェルス氏は観客にもっと笑ってほしいと思っています。
『ローエングリン』の中では質問することは禁じられていますが、
笑うことまでは禁じられてはいませんから。」
とのこと。なるほど上手いことを言っているような、そうでもないような。。。

リングで座席が近くなので友達となったMichaelさんも来ていて、
「おぅ!トーキョーの友人よ!」と私の隣に座るなり
「Wo ist der Schwan? (白鳥はどこにいる?)」と質問してきます。
う~ん、どう答えればよかったんだろう・・・

ローエングリンですが、何といっても今日の目玉はフォークトのローエングリンです。
私の宿の女将さんも、「今日はフォークト様が歌うのね!素敵ね!」と少女のような
はしゃぎ様でした。あの登場した時の凛とした佇まいや、透明感のある声は、
当代随一のローエングリン歌いと言っても過言ではないでしょう。

IMG_0936.jpg
劇場外にはご覧のように「Suche Karte(チケット求む)」の札を持った人が沢山。
三幕の直前まで粘っている人もいました。その粘りが報われたことを祈るばかりです。

演出は、日本でもテレビ放映された『ネズミのローエングリン』。
ノイエンフェルスの狙い通り、客席からはクスクスと笑い声が上がります。
終演後のカーテンコールでは多少のブーイングもありましたが、おおむねブラボー
が掛けられていました。

IMG_0939.jpg
終演後は劇場近くのビアガーデンで一杯。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。